コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田岡典夫 タオカノリオ

デジタル大辞泉の解説

たおか‐のりお〔たをかのりを〕【田岡典夫】

[1908~1982]小説家。高知の生まれ。フランスから帰国し、俳優学校で学んだ後に作家活動に入る。郷里の土佐を舞台とした時代小説で知られる。「強情いちご」およびその他の作品で直木賞受賞。他に「しばてん榎(えのき)文書」「小説野中兼山」「権九郎旅日記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田岡典夫 たおか-のりお

1908-1982 昭和時代の小説家。
明治41年9月1日生まれ。第一早稲田高等学院を中退し,フランスでくらす。帰国後,尾上菊五郎主宰の俳優学校にまなぶ。昭和16年「しばてん榎文書」を発表,18年「強情いちご」で直木賞。戦後,長谷川伸の新鷹会にくわわる。54年「小説野中兼山」で毎日出版文化賞。昭和57年4月7日死去。73歳。高知県出身。作品はほかに「権九郎旅日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田岡典夫の関連キーワード木下 二介昭和時代田岡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android