コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村第 たむらのだい

世界大百科事典 第2版の解説

たむらのだい【田村第】

奈良後期の藤原仲麻呂の私邸。752年(天平勝宝4)4月東大寺大仏開眼の儀の帰途,孝謙天皇がここを御在所としたのが初見(《続日本紀》)。その後,仲麻呂は大炊王を皇太子に擁立し,亡男真従(まより)の妻粟田諸姉をめあわせ,邸内に住まわせたので,田村宮とも称された。恵美押勝の乱後における田村第については,光仁天皇が田村旧宮で酒宴を催したこと,桓武天皇が時の右大臣藤原是公(仲麻呂の甥)の田村第に行幸したことが《続日本紀》にみえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

田村第の関連キーワード淳仁天皇市原王楊梅宮

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田村第の関連情報