田瀬ダム(読み)たせダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田瀬ダム
たせダム

岩手県中央部,北上川の支流猿ヶ石川の中流にある多目的ダム。 1941年着工,54年完成。重力式ダム (→重力ダム ) で,高さ 81.5m,長さ 320m,湛水面積 6km2,有効貯水量1億 1370万m3。 50年制定の国土総合開発法に基づき,北上流域特定地域の開発事業の一つとして建設が急がれたもので,北上川の洪水調節,農業用水,電力用水に利用されている。発電所の最大出力2万 7000kW。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

田瀬ダム

岩手県花巻市の北上川水系猿ヶ石川に位置する多目的ダム。1954年竣工の重力式コンクリートダムで、総貯水量は146,500,000立方メートル。いわゆる「北上川五大ダム計画」により建造されたダムのひとつで、貯水能力は5つのダム中最大。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田瀬ダム
たせだむ

岩手県中央部、花巻(はなまき)市にある多目的ダム。猿(さる)ヶ石(いし)川上流にあり、1954年(昭和29)北上(きたかみ)川流域五大ダムの一つとして建設。ダムの高さ81.5メートル、堤長320メートル、周囲40キロメートルの重力式コンクリートダム。東和発電所の最大出力2.7万キロワット。洪水調節とともに北上川左岸の奥州(おうしゅう)市、花巻市の開田・開畑などに利用される。人造湖では淡水養殖も盛んで、コイ、ヘラブナ、ワカサギ釣りができ、湖畔の観光開発も進んでいる。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田瀬ダムの言及

【東和[町]】より

…中心集落の土沢は,近世に内陸部と三陸海岸を結ぶ釜石街道の宿駅として栄え,南部藩の南境防備のため番所も置かれた。古くからの米の産地であるが,第2次大戦後,猿ヶ石川に田瀬ダムが完成し,開田・開畑がさらに進んだ。畜産,タバコ栽培なども盛んで,田瀬ダム湖ではワカサギの養殖も行われる。…

※「田瀬ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android