コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿ヶ石川 さるがいしかわ

3件 の用語解説(猿ヶ石川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿ヶ石川
さるがいしかわ

岩手県中部,遠野市北境早池峰連峰の薬師岳 (1645m) に源を発して南流し,遠野市街地付近から遠野盆地を西流し,花巻市北上川に注ぐ川。 1954年中流に北上川水系の五大ダムの一つ田瀬ダムが完成し,治水,発電,農業水利に効果をあげている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さるがいし‐がわ〔‐がは〕【猿ヶ石川】

岩手県中部を流れる川。遠野市北部の薬師岳(標高1645メートル)に源を発し、遠野盆地を流れ花巻市で北上川に合流する。長さ73キロ。上流に田瀬湖、また支流の洗足川にはカッパ伝説で有名なカッパ淵がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿ヶ石川
さるがいしがわ

北上(きたかみ)川の支流の一つ。岩手県中央部早池峰山(はやちねさん)南方の薬師岳に発して南流し、遠野(とおの)盆地を流れ、花巻市の中心部で北上川に注ぐ。延長71キロメートル。1954年(昭和29)中流に田瀬ダムが完成し、治水、発電とともに、下流部に約6000ヘクタールの開田をみた。上流の附馬牛(つくもうし)付近は花崗(かこう)岩が階段状に侵食されて滝をつくり、ツツジや紅葉時は美しい。淡水魚も豊富で簗場(やなば)もあり、県内有数の釣り場として訪れる人が多い。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿ヶ石川の関連キーワード早池峰国定公園早池峰岳神楽岩手県遠野市小友町岩手県遠野市穀町岩手県遠野市下組町岩手県遠野市新町岩手県遠野市中央通り岩手県遠野市岩手県遠野市遠野町岩手県遠野市東舘町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone