コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿ヶ石川 さるがいしかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿ヶ石川
さるがいしかわ

岩手県中部,遠野市北境早池峰連峰の薬師岳 (1645m) に源を発して南流し,遠野市街地付近から遠野盆地を西流し,花巻市北上川に注ぐ川。 1954年中流に北上川水系の五大ダムの一つ田瀬ダムが完成し,治水,発電,農業水利に効果をあげている。田瀬湖は夏はコイヘラブナ,冬はワカサギの氷上穴釣りでにぎわう。猿ヶ石川はアユ,ウグイ,コイなどの釣場でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さるがいし‐がわ〔‐がは〕【猿ヶ石川】

岩手県中部を流れる川。遠野市北部の薬師岳(標高1645メートル)に源を発し、遠野盆地を流れ花巻市で北上川に合流する。長さ73キロ。上流に田瀬湖、また支流の洗足川にはカッパ伝説で有名なカッパ淵がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿ヶ石川
さるがいしがわ

北上(きたかみ)川の支流の一つ。岩手県中央部早池峰山(はやちねさん)南方の薬師岳に発して南流し、遠野(とおの)盆地を流れ、花巻市の中心部で北上川に注ぐ。延長71キロメートル。1954年(昭和29)中流に田瀬ダムが完成し、治水、発電とともに、下流部に約6000ヘクタールの開田をみた。上流の附馬牛(つくもうし)付近は花崗(かこう)岩が階段状に侵食されて滝をつくり、ツツジや紅葉時は美しい。淡水魚も豊富で簗場(やなば)もあり、県内有数の釣り場として訪れる人が多い。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猿ヶ石川の関連キーワード早池峰国定公園岩手県遠野市綾織新田遺跡宮守[村]遠野[市]東和〈町〉東和[町]東和

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android