コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花巻市 はなまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花巻〔市〕
はなまき

岩手県中部,北上盆地の中央部にある市。1954年花巻町と湯口村,湯本村,矢沢村,宮野目村,太田村の 5村が合体し市制施行。1955年笹間村を編入。2006年大迫町,石鳥谷町,東和町と合体。市名は南部氏領となって以来の地名で由来は諸説ある。慶長18(1613)年以来南部氏 2万石の城下町,奥州街道の宿駅として栄え,「花巻商人」といわれる豪商を生んだ。中央部を豊沢川が東流し,北上川に流入。流域は肥沃な穀倉地帯で,米作や野菜,果樹の栽培が行なわれ,農産物の集散地。工業は,電気機械,精密機械,食品加工業などの工場が立地。石鳥谷は南部杜氏の発祥地として知られ,歴史民俗資料館の酒造用具は国の重要有形民俗文化財に指定。北西部の山麓地帯には花巻温泉郷があり,花巻温泉郷県立自然公園に指定。北東端の早池峰山を中心とする地域は早池峰国定公園に属し,山麓集落に伝わる早池峰神楽は国の重要無形民俗文化財。宮沢賢治の生家や記念館,高村光太郎が晩年を送った山荘などがある。宮野目の花輪堤ハナショウブ群落と上小山田のカズグリ自生地は国の天然記念物。北成島の成島毘沙門堂は,本尊の兜跋毘沙門天立像とともに国の重要文化財に指定されている。JR東北本線花巻駅から釜石線が分岐,国道4号線から国道283号線が分岐し,ともに三陸海岸に通じる。東北新幹線,東北自動車道が縦貫し,花巻南,花巻インターチェンジがある。国道107号線,396号線,456号線が通る。花巻空港もあり,東北の空の玄関口となっている。面積 908.39km2。人口 9万7702(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はなまき‐し【花巻市】

花巻

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

花巻市の関連キーワード岩手県花巻市石鳥谷町東中島岩手県花巻市石鳥谷町南寺林岩手県花巻市石鳥谷町八重畑岩手県花巻市石鳥谷町松林寺岩手県花巻市石鳥谷町長谷堂岩手県花巻市石鳥谷町大興寺岩手県花巻市石鳥谷町小森林岩手県花巻市石鳥谷町西中島岩手県花巻市石鳥谷町関口岩手県花巻市石鳥谷町戸塚岩手県花巻市大迫町外川目岩手県花巻市石鳥谷町滝田岩手県花巻市石鳥谷町富沢岩手県花巻市石鳥谷町八幡岩手県花巻市石鳥谷町新堀岩手県花巻市上北万丁目岩手県花巻市東十二丁目岩手県花巻市下北万丁目岩手県花巻市大迫町大迫岩手県花巻市西大通り

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花巻市の関連情報