コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由布院温泉 ゆふいんおんせん

4件 の用語解説(由布院温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由布院温泉
ゆふいんおんせん

大分県中部,由布市北部,由布岳の南西麓にある温泉。泉質は単純泉,重曹泉で,皮膚病に特効がある。泉温は 48℃で,湯量は多い。温泉は由布院盆地内の各所から湧出し,各家庭にも引かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕由布院温泉(ゆふいんおんせん)


大分県中部の由布(ゆふ)市、大分川上流の由布院(ゆふいん)盆地周辺にわく温泉群の総称。岳本(たけもと)・石松(いしまつ)・八山(はちやま)・乙丸(おとまる)などの諸温泉からなり、さらに南の湯平(ゆのひら)温泉を含め「湯布院温泉」の名で国民保養温泉に指定。盆地一帯は阿蘇(あそ)くじゅう国立公園の代表的保養地で、各種保養施設・レジャー施設が立地、別府(べっぷ)市とくじゅう連山・阿蘇方面を結ぶ観光拠点となる。毎年7月の音楽祭、8月の映画祭も人気。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉温97.3℃。国民保養温泉地の指定名は「湯布院温泉」。由布院温泉湯平温泉ほかを合わせて指定し、当時の湯布院町の行政町名を流用したもの。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由布院温泉
ゆふいんおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区にある温泉。由布院盆地のJR久大(きゅうだい)本線由布院駅周辺にある。標高約500メートル。源泉数670、湧出(ゆうしゅつ)量毎分3万0679リットル、全国屈指である。泉質は単純温泉。国民保養温泉地に指定されている。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由布院温泉の関連情報