コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由布岳 ゆふだけ

8件 の用語解説(由布岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由布岳
ゆふだけ

大分県中部,別府市由布市の境にある溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。別称豊後富士。標高 1583m。全山が角閃石安山岩からなり,多くの側火山を有する。山頂は西ノ岳,東ノ岳の2峰に分かれ,西ノ岳のほうが高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆふ‐だけ【由布岳】

大分県中部、別府市と由布市との境にある鐘状火山。標高1583メートル。豊後(ぶんご)富士。万葉集には「木綿(ゆふ)の山」とみえる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

由布岳【ゆふだけ】

大分県中部にある鐘状活火山。標高1583m。角セン石安山岩質溶岩からなる。古来多くの詩歌にうたわれた名山で,一名豊後(ぶんご)富士。山麓には湯布院,湯平(ゆのひら),別府などの温泉があり,江戸時代に由布嶽祭が行われていた。
→関連項目湯布院[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ゆふだけ【由布岳】

大分の麦焼酎。酒名は、秀峰・由布岳のように愛される酒になるようにという願いを込めて命名。白麹を用いて仕込み、減圧蒸留で造る。原料は麦、麦麹。アルコール度数25%。蔵元の「小野酒造」は大正元年(1912)創業。所在地は由布市庄内町東長宝。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

由布岳

大分県、小野酒造株式会社が製造する麦焼酎。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆふだけ【由布岳】

大分県中部,鶴見岳の西隣に位置する火山。標高1584m。山頂部は大火口を有する溶岩円頂丘で,美しい山容から豊後富士の別名がある。山麓には飯盛山,日向岳など6個の側火山が分布している。北~北東山腹には大きな沢が発達し,浸食作用が著しい。山麓の塚原には,多数の流れ山(小丘)が点在している。噴火,噴気の記録はない。南西山麓には由布院温泉があり,観光名所の一つとなっている。【小林 哲夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕由布岳(ゆふだけ)


大分県中部、由布院(ゆふいん)盆地の東にそびえる溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)。標高1583m。豊後(ぶんご)富士ともよばれるが、南西側からみると双耳峰(そうじほう)。全山草原状でイワカガミ・ミヤマキリシマなどの群落がある。阿蘇くじゅう国立公園に属する。南西麓(なんせいろく)に由布院温泉がわく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由布岳
ゆふだけ

大分県中部、別府(べっぷ)市と由布市湯布院(ゆふいん)地区との境にある火山。『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』では、近くに柚富郷(ゆふのさと)があるので柚富の峰の名がついたとし、『万葉集』には木綿(ゆふ)山とある。豊後富士の称もあるが、含輝石角閃(かくせん)石安山岩溶岩からなる鐘状火山であり、裾野(すその)の発達は小さい。山頂は東ノ岳(1583メートル)と西ノ岳(1584メートル)の二峰に分かれ、その間に深さ60~70メートルの不完全な火口状くぼ地がある。山頂は九重(くじゅう)火山群、英彦(ひこ)山、祖母(そぼ)山などの展望に優れ、一帯は夏はミヤマキリシマ、冬は霧氷が美観を呈する。南麓(ろく)を九州横断道路が走り、登山口「一軒屋(いっけんや)」の標高は780メートル。阿蘇(あそ)くじゅう国立公園に含まれる。[兼子俊一]
『加藤数功編『由布山』(1958・湯布院町観光協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由布岳の関連キーワード鶴見岳・鶴見嶽国見岳森林公園リム火山大分県中津市大貞大分県別府市鶴見大分県佐伯市鶴見大島大分県佐伯市鶴見羽出浦大分県佐伯市鶴見吹浦大分県中津市殿町大分県中津市諸町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由布岳の関連情報