由布岳(読み)ゆふだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分県中部,別府市由布市にある溶岩円頂丘鐘状火山)。別称豊後富士標高 1583m。全山が角閃石安山岩からなる活火山で,多くの寄生火山を有する。山頂は西ノ岳,東ノ岳の 2峰に分かれ,西ノ岳のほうが高い。2峰の間に火口跡があり,山頂の北方大崩と呼ばれる絶壁を形成。その西にも御池と呼ばれる火口跡がある。頂上からの展望はすばらしく,夏のミヤマキリシマイワカガミなどの植物群落,冬の霧氷景観が特に美しい。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大分県中部にある鐘状活火山。標高1583m。角セン石安山岩質溶岩からなる。古来多くの詩歌にうたわれた名山で,一名豊後(ぶんご)富士。山麓には湯布院,湯平(ゆのひら),別府などの温泉があり,江戸時代に由布嶽祭が行われていた。北東の鶴見岳とともに阿蘇くじゅう国立公園に属する。頂上の展望がよく,九州横断道路に沿う一軒屋が登山口。
→関連項目湯布院[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

大分の麦焼酎名は、秀峰・由布岳のように愛される酒になるようにという願いを込めて命名白麹を用いて仕込み、減圧蒸留で造る。原料麦麹。アルコール度数25%。蔵元の「小野酒造」は大正元年(1912)創業所在地は由布市庄内町東長宝。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

大分県中部,鶴見岳の西隣に位置する火山。標高1584m。山頂部は大火口を有する溶岩円頂丘で,美しい山容から豊後富士の別名がある。山麓には飯盛山,日向岳など6個の側火山が分布している。北~北東山腹には大きな沢が発達し,浸食作用が著しい。山麓の塚原には,多数の流れ山(小丘)が点在している。噴火,噴気の記録はない。南西山麓には由布院温泉があり,観光名所の一つとなっている。【小林 哲夫

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県中部、別府市(べっぷし)と由布市湯布院(ゆふいん)地区との境にある火山。『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』では、近くに柚富郷(ゆふのさと)があるので柚富の峰の名がついたとし、『万葉集』には木綿(ゆふ)山とある。豊後富士の称もあるが、含輝石角閃(かくせん)石安山岩溶岩からなる鐘状火山であり、裾野(すその)の発達は小さい。山頂は東ノ岳(1583メートル)と西ノ岳(1584メートル)の二峰に分かれ、その間に深さ60~70メートルの不完全な火口状くぼ地がある。山頂は九重(くじゅう)火山群、英彦(ひこ)山、祖母(そぼ)山などの展望に優れ、一帯は夏はミヤマキリシマ、冬は霧氷が美観を呈する。南麓(ろく)を九州横断道路が走り、登山口「一軒屋(いっけんや)」の標高は780メートル。阿蘇くじゅう国立公園(あそくじゅうこくりつこうえん)に含まれる。

[兼子俊一]

『加藤数功編『由布山』(1958・湯布院町観光協会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(木綿(ゆう)をつくるシナノキを多く産したところから) 大分県中央部、別府市西端にある鐘状火山。標高一五八三メートル。歌枕。豊後富士。柚富峰(ゆふのみね)。木綿山(ゆうやま)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由布岳の関連情報