コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯平温泉 ゆのひらおんせん

3件 の用語解説(湯平温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯平温泉
ゆのひらおんせん

大分県中部,由布市の西部,大分川の支流花合野川に臨む温泉。石畳の道を挟んで湯治宿が並ぶ。泉質は食塩泉,単純泉。泉温は 59~84℃。胃腸病にきき,温泉は飲用にもされる。長期湯治客も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕湯平温泉(ゆのひらおんせん)


大分県中部の由布(ゆふ)市南部、大分川支流の花合野(かごの)川の渓谷にわく温泉。湯治場的な雰囲気が濃く、北方の由布院(ゆふいん)温泉ほかと合わせて湯布院温泉の名で国民保養温泉地に指定。北西2kmの山下(やました)池・小田野(おだの)池周辺はキャンプ場ゴルフ場があり、その先一面に放牧場が広がる。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉温87.6℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯平温泉
ゆのひらおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区南部にある温泉。大分川支流、花合野(かごの)川の渓流沿いの石畳道の両側に旅館が並ぶ。標高550~500メートル。泉質は塩化物泉で、河岸に自然湧出(ゆうしゅつ)するものと、山腹に横穴を掘って得られるものとある。国民保養温泉に指定されている。JR久大(きゅうだい)本線湯平駅から4キロメートル。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯平温泉の関連情報