コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯平温泉 ゆのひらおんせん

3件 の用語解説(湯平温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯平温泉
ゆのひらおんせん

大分県中部,由布市の西部,大分川の支流花合野川に臨む温泉。石畳の道を挟んで湯治宿が並ぶ。泉質は食塩泉,単純泉。泉温は 59~84℃。胃腸病にきき,温泉は飲用にもされる。長期湯治客も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕湯平温泉(ゆのひらおんせん)


大分県中部の由布(ゆふ)市南部、大分川支流の花合野(かごの)川の渓谷にわく温泉。湯治場的な雰囲気が濃く、北方の由布院(ゆふいん)温泉ほかと合わせて湯布院温泉の名で国民保養温泉地に指定。北西2kmの山下(やました)池・小田野(おだの)池周辺はキャンプ場ゴルフ場があり、その先一面に放牧場が広がる。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉温87.6℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯平温泉
ゆのひらおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区南部にある温泉。大分川支流、花合野(かごの)川の渓流沿いの石畳道の両側に旅館が並ぶ。標高550~500メートル。泉質は塩化物泉で、河岸に自然湧出(ゆうしゅつ)するものと、山腹に横穴を掘って得られるものとある。国民保養温泉に指定されている。JR久大(きゅうだい)本線湯平駅から4キロメートル。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯平温泉の関連キーワード由布挾間〈町〉湯布院〈町〉大分県由布市湯布院町川上大分県由布市湯布院町川北大分県由布市湯布院町川西大分県由布市湯布院町川南大分県由布市湯布院町塚原大分県由布市湯布院町中川大分県由布市湯布院町湯平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯平温泉の関連情報