コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐庄楠音 かいのしょう

美術人名辞典の解説

甲斐庄楠音

日本画家。京都生。京美工・京都絵専卒。本姓は甲斐荘。川北霞峰師事。国画創作協会展を中心に出品を重ね会員となる。同協会の解散後、岡村宇太郎らと新樹社を結成。同社解散後は、映画関係の仕事に転じ溝口健二のもとで美術考証に携わった。大正期のデカダンスを濃厚にただよわせる官能的な美人画で知られた。昭和53年(1978)歿、83才。

甲斐庄楠音

日本画家。京都生。京都美工・京都絵専卒。本姓は甲斐荘。川北霞峰に師事。国画創作協会展を中心に出品を重ね会員となる。同協会の解散後、岡村宇太郎らと新樹社を結成。同社解散後は、映画関係の仕事に転じ溝口健二のもとで美術考証に携わった。大正期のデカダンスを濃厚にただよわせる官能的な美人画で知られた。昭和53年(1978)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲斐庄楠音 かいのしょう-ただおと

1894-1978 大正-昭和時代の日本画家。
明治27年12月13日生まれ。谷口香嶠(こうきょう),川北霞峰(かほう)に師事する。第1回国画創作協会展に「横櫛」が入選,大正15年同協会会員となる。昭和3年岡村宇太郎らと新樹社を結成。昭和53年6月16日死去。83歳。京都出身。京都市立絵画専門学校卒。作品はほかに「舞ふ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

甲斐庄楠音の関連キーワード板倉星光稲垣仲静広田多津昭和時代伊藤柏台

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲斐庄楠音の関連情報