コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲源一刀流 コウゲンイットウリュウ

デジタル大辞泉の解説

こうげん‐いっとうりゅう〔カフゲンイツタウリウ〕【甲源一刀流】

江戸後期の秩父(ちちぶ)の郷士逸見義年(へんみよしとし)を開祖とする一刀流の流派。その先祖新羅三郎義光の三男三郎義清が甲斐(かい)源氏の祖であったところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげんいっとうりゅう【甲源一刀流】

剣術の一派。祖は逸見へんみ太四郎義年(?~1828)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲源一刀流
こうげんいっとうりゅう

近世剣術の一流派。天明(てんめい)・寛政(かんせい)のころ(1790前後)武州秩父(ちちぶ)郡薄(すすき)村小沢口(こさわぐち)(埼玉県秩父郡小鹿野(おがの)町)の郷士逸見太四郎義年(へんみたしろうよしとし)が、甲斐源氏(かいげんじ)の系譜を引く逸見家伝の刀法に加えて、一刀流溝口派(みぞぐちは)の江戸浪人桜井五亮長政(さくらいごすけながまさ)(?―1787)の伝を受けて一流を編み出し、一神剣法(いっしんけんぽう)・甲源一刀流と称したのに始まる。義年は1828年(文政11)82歳で没したが、2代太四郎義苗(よしみつ)以下よく道業を継ぎ、小沢口の道場耀武館(ようぶかん)(現存、埼玉県指定文化財)を中心に、北武(埼玉)・上州(群馬)など近郷農民層に広く普及し、江戸末期から明治にかけて名剣士を輩出した。なかでも、江戸四谷(よつや)に道場をもち紀州藩江戸詰家老水野家の剣術師範となった強矢武甲斎良輔(すねやぶこうさいりょうすけ)(天真武甲流)や比留間与八利恭(ひるまよはちとしやす)、その子半造利充(はんぞうとしみつ)、孫の良八利衆(りょうはちとしひろ)らが有名である。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甲源一刀流の関連キーワード埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄高野 佐三郎千原 しのぶ伊吹 聡太朗大塚奓恵八比留間与八逸見太四郎机竜之助稲垣浩ちちぶ剣道一派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android