コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲源一刀流 コウゲンイットウリュウ

3件 の用語解説(甲源一刀流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげん‐いっとうりゅう〔カフゲンイツタウリウ〕【甲源一刀流】

江戸後期の秩父(ちちぶ)の郷士逸見義年(へんみよしとし)を開祖とする一刀流の流派。その先祖新羅三郎義光の三男三郎義清が甲斐(かい)源氏の祖であったところからいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうげんいっとうりゅう【甲源一刀流】

剣術の一派。祖は逸見へんみ太四郎義年(?~1828)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲源一刀流
こうげんいっとうりゅう

近世剣術の一流派。天明(てんめい)・寛政(かんせい)のころ(1790前後)武州秩父(ちちぶ)郡薄(すすき)村小沢口(こさわぐち)(埼玉県秩父郡小鹿野(おがの)町)の郷士逸見太四郎義年(へんみたしろうよしとし)が、甲斐源氏(かいげんじ)の系譜を引く逸見家伝の刀法に加えて、一刀流溝口派(みぞぐちは)の江戸浪人桜井五亮長政(さくらいごすけながまさ)(?―1787)の伝を受けて一流を編み出し、一神剣法(いっしんけんぽう)・甲源一刀流と称したのに始まる。義年は1828年(文政11)82歳で没したが、2代太四郎義苗(よしみつ)以下よく道業を継ぎ、小沢口の道場耀武館(ようぶかん)(現存、埼玉県指定文化財)を中心に、北武(埼玉)・上州(群馬)など近郷農民層に広く普及し、江戸末期から明治にかけて名剣士を輩出した。なかでも、江戸四谷(よつや)に道場をもち紀州藩江戸詰家老水野家の剣術師範となった強矢武甲斎良輔(すねやぶこうさいりょうすけ)(天真武甲流)や比留間与八利恭(ひるまよはちとしやす)、その子半造利充(はんぞうとしみつ)、孫の良八利衆(りょうはちとしひろ)らが有名である。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲源一刀流の関連キーワード秩父市秩父宮秩父青石秩父絹秩父縞秩父銘仙秩父系ちちぶ逸見太四郎秩父志ら藤

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲源一刀流の関連情報