コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申在孝 しんざいこうSin Chaehyo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申在孝
しんざいこう
Sin Chaehyo

[生]純祖12(1812).全羅北道
[没]李太王21(1884)
朝鮮,李朝後期のパンソリの作詞家,パンソリ研究家。字,百源。号,桐里。吏胥の家に生れ,青年時代に高敞県の戸長をつとめた。音律の研究に興味をもち,中年からは生涯をパンソリの研究と発展に捧げ,それまで唱芸人によって演唱され伝えられてきたパンソリの辞説 (歌詞) を改作,整理した。作品として『春香歌』『沈晴 (清) 歌』『瓠打令』『兎鼈歌』『赤壁歌』『横負歌』のいわゆる「申在孝六曲」などが伝わる。当時国唱と称された朴万順,李捺致,金世宗らはみな門下生であった。また『桃花歌』『広大歌』など数十編のパンソリ短歌を創作した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんざいこう【申在孝 Sin Chae‐hyo】

1812‐84
朝鮮の李朝末期,パンソリ最盛期の作家。字は百源,号は桐里。全羅道高敞の人。郷吏身分でありながら官薬房を経営していた父の跡を継いで治産につとめた。財があったため積極的にパンソリ広大(クワンデ)(芸人)を後援するとともに,従来,広大の意の赴くままに歌われていたパンソリ辞説(歌詞)を改訂推敲し,〈春香歌〉〈沈清歌〉〈パク打令〉〈兎鼈(とべつ)歌〉〈赤壁歌〉〈ピョンガンセ歌〉にまとめ上げて辞説文学を打ちたてた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

申在孝
しんざいこう
(1812―1884)

朝鮮のパンソリ作家。字(あざな)は百源、号は桐里、戸長。全羅道高敝(こうへい)生まれ。38歳ごろから広大(クワンデ)(芸人)たちの口唱芸能であるパンソリを文芸と演唱形態の両面から整理・再編し、体系化した。パンソリを唱劇に発展させたという説もある。『春香歌』『沈清歌』『興夫歌』など12編を集大成し、そのうち6編が現在に伝わる。今日のパンソリの演唱本のほとんどが彼の作品を原典にしている。[金 両 基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の申在孝の言及

【パンソリ】より

…また愛好者が上流階級に広がるにつれパトロンができて,その指導のもとに漢詩や故事をだんだんにちりばめた上品で教訓的な要素が加わった。そうした意味での洗練整理をした人物としては,両班(ヤンバン)階級の権三得,中人階級の申在孝が知られている。 演者は広大(クワンデ)と呼ばれる流浪賤民の職業的芸能人であった。…

※「申在孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

申在孝の関連キーワード沈清伝(しんせいでん)11月6日朝鮮文学朝鮮演劇興夫伝

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android