コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申子 シンシ

デジタル大辞泉の解説

しん‐し【申子】

申不害(しんふがい)敬称
中国、戦国時代の法家の書。申不害の撰。刑名の学を集成したもので、全6編のうち「三符」1編のみが現存

もうし‐ご〔まうし‐〕【申(し)子】

神仏に祈って授かった子。「観音様の申し子
1の誤用から》霊力を持ったものから生まれた子。転じて、特殊な社会的背景から生じたもの。「鬼の申し子」「戦争の申し子である思想」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんし【申子】

○ 申不害しんふがいの敬称。
申不害の著した書。六編。逸文のみが伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

申子の関連キーワード戦国時代正名論申し子三合逸文

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android