申子(読み)シンシ

デジタル大辞泉の解説

しん‐し【申子】

申不害(しんふがい)敬称
中国、戦国時代の法家の書。申不害の撰。刑名の学を集成したもので、全6編のうち「三符」1編のみが現存

もうし‐ご〔まうし‐〕【申(し)子】

神仏に祈って授かった子。「観音様の申し子
1の誤用から》霊力を持ったものから生まれた子。転じて、特殊な社会的背景から生じたもの。「鬼の申し子」「戦争の申し子である思想」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんし【申子】

○ 申不害しんふがいの敬称。
申不害の著した書。六編。逸文のみが伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐し【申子】

中国、戦国時代の法家の思想家、申不害(しんふがい)の敬称。また、その著になる法家の思想書の書名。

もうし‐ご まうし‥【申子】

〘名〙
① 神仏に祈願して授かった子。また、神仏に子が授かるように願うこと。
※蔭凉軒日録‐延徳三年(1491)三月一四日「在中和尚観音白子也」
② (①を誤用して) 霊力を備えたものから生まれた子。転じて、特殊な背景から生まれ出たもの。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「口嘴が乙に尖がって何だか天狗の啓し子の様だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android