申子(読み)シンシ

デジタル大辞泉の解説

しん‐し【申子】

申不害(しんふがい)敬称
中国、戦国時代の法家の書。申不害の撰。刑名の学を集成したもので、全6編のうち「三符」1編のみが現存

もうし‐ご〔まうし‐〕【申(し)子】

神仏に祈って授かった子。「観音様の申し子
1の誤用から》霊力を持ったものから生まれた子。転じて、特殊な社会的背景から生じたもの。「鬼の申し子」「戦争の申し子である思想」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんし【申子】

○ 申不害しんふがいの敬称。
申不害の著した書。六編。逸文のみが伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android