コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町入能 まちいりのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町入能
まちいりのう

町人,御能拝見ともいう。江戸時代,幕府は能を武家の式楽として,町人には規制していたが,将軍宣下,官位昇進,幼君誕生,元服,婚礼養君などの大きな祝儀,また日光参詣,万部経会などの重要な法事に催される能の,初日または最終日には,江戸の町人たちに特別の参観を許した。あらかじめ町触れによって通知し,人数,時刻,服装その他の心得を知らせ,朝5回,昼5回の交代で見せた。許された者は肩衣,袴を着けるのが決りで,舞台の脇正面の庭で拝観した。参入のときに雨傘1本,退出のときに酒と菓子などを与えられ,ほとんど無礼講に近く,役人の悪口や野次についても大目に見られたので,町人たちは競って拝観に出かけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まちいり‐のう【町入能】

江戸時代、将軍宣下・婚礼・誕生などの重大な祝い事の際の式能に、江戸の町人の陪観を許したもの。江戸城本丸大書院の南庭で、式能の1日目に二交代で五千余人に見せた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まちいりのう【町入能】

江戸時代、将軍御覧の能で、町人にも観覧させたもの。将軍宣下・婚礼・御子誕生などの大きな祝い事の際、江戸城本丸の南庭で数日間の能を催し、その第一日目に町人の見物を許した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android