コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平時代 テンピョウジダイ

百科事典マイペディアの解説

天平時代【てんぴょうじだい】

文化史上の奈良時代。聖武天皇の天平年間(729年―749年)を中心とする。もと美術史上の時代区分で,白鳳と弘仁貞観の間。支配者層の朝廷貴族が文化をも指導し,大陸文化・仏教美術の影響が濃い一方,神話・伝説や歌謡なども集成された。
→関連項目飛鳥時代聖武天皇奈良時代

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんぴょうじだい【天平時代】

文化史上の時代区分。天平年間を中心に、広くは奈良時代全般(710~794)をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天平時代
てんぴょうじだい

聖武(しょうむ)天皇(在位724~749)の代を中心とする8世紀の時代。美術史上や文化史上、奈良時代を天平時代ともよぶ。729年の8月5日、年号は神亀(じんき)から天平に改元されたが、以後天平感宝(かんぽう)、天平勝宝(しょうほう)、天平宝字(ほうじ)と天平を冠する年号がしばしば用いられた。藤原広嗣(ひろつぐ)の乱、橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の変、藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))の乱など、非天平の時代相が渦巻く。美術史や文化史のうえでも重要な時代を形づくり、東大寺大仏の建立、墾田永年私財法の発布など、注目すべき時代であった。[上田正昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天平時代の関連キーワードスオウ(蘇芳)国分寺(歴史)不空羂索観音智光曼荼羅上品蓮台寺田辺廃寺跡平中 歳子十二神将山上憶良唐招提寺宿院仏師天平文化熊野大社月光菩薩白鳳時代大伴旅人阿弥陀仏新薬師寺山部赤人脱活乾漆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天平時代の関連情報