コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平時代 テンピョウジダイ

5件 の用語解説(天平時代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぴょう‐じだい〔テンピヤウ‐〕【天平時代】

日本の文化史、特に美術史上の時代区分の一。白鳳(はくほう)時代の後、平城京遷都の和銅3年(710)から平安京遷都の延暦13年(794)までをさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天平時代【てんぴょうじだい】

文化史上の奈良時代聖武天皇の天平年間(729年―749年)を中心とする。もと美術史上の時代区分で,白鳳と弘仁貞観の間。支配者層の朝廷貴族が文化をも指導し,大陸文化・仏教美術の影響が濃い一方,神話・伝説や歌謡なども集成された。
→関連項目飛鳥時代聖武天皇奈良時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てんぴょうじだい【天平時代】

文化史上の時代区分。天平年間を中心に、広くは奈良時代全般(710~794)をさす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天平時代
てんぴょうじだい

奈良時代」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天平時代
てんぴょうじだい

聖武(しょうむ)天皇(在位724~749)の代を中心とする8世紀の時代。美術史上や文化史上、奈良時代を天平時代ともよぶ。729年の8月5日、年号は神亀(じんき)から天平に改元されたが、以後天平感宝(かんぽう)、天平勝宝(しょうほう)、天平宝字(ほうじ)と天平を冠する年号がしばしば用いられた。藤原広嗣(ひろつぐ)の乱、橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の変、藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))の乱など、非天平の時代相が渦巻く。美術史や文化史のうえでも重要な時代を形づくり、東大寺大仏の建立、墾田永年私財法の発布など、注目すべき時代であった。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天平時代の関連キーワード大聖武崇道天皇奈良時代霊山寺天平感宝大原桜井多紀内親王藤原南夫人守部王相撲節会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天平時代の関連情報