コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像通信 ガゾウツウシン

3件 の用語解説(画像通信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がぞう‐つうしん〔グワザウ‐〕【画像通信】

文字や画像を電気信号に変えて送信し、受信側で再現する通信方法。ファクシミリテレビジョンなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がぞうつうしん【画像通信】

画像通信とは,視覚情報を電気信号に変換し,これを受信側で可視像として再現する通信形態をいう。視覚は人間の五感のうちで情報伝達機能のもっとも優れたもので,人間が外部から受ける情報の60%は視覚からであるといわれている。 通信形態をC.E.シャノンの通信モデルに従って示すと図のようになる。このモデルにおいて,情報源から発生する画像情報はきわめて多様であり,動画像と静止画像カラー画像と白黒画像,二次元画像と三次元画像など,さまざまに分類することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がぞうつうしん【画像通信】

画像の伝送を目的とする通信形態。画像情報を走査し電気信号に変換して送信し、可視像として受信再現する。ファクシミリ・テレビジョンなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

画像通信の関連情報