コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山満則 はたけやま・みつのり

1件 の用語解説(畠山満則の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山満則

没年:永享4.6.27(1432.7.24)
生年:応安5/文中1(1372)
室町時代の武将。父は基国。満慶とも。将軍足利義満に疎まれた兄満家に代わって,応永13(1406)年家督を相続。修理大夫,越中・河内・紀伊・能登守護となる。翌々年に義満が死去し満家が復帰すると,宗家の家督およびすべての分国守護職をこれに譲り,満家より改めて能登の守護職を与えられた。この能登守護家は匠作(修理大夫の唐名)家と称され,能登畠山家の祖となった。満家を助けて畠山家の発展に尽くし,満家が管領になると相伴衆に任ぜられた。足利義嗣が兄の将軍義持に反した際,これにくみしたとの嫌疑を受けたが処罰はされなかった。満家と同年齢で双子ともいわれる。その死にひどく落胆した兄満家もまた翌年死去した。

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山満則の関連キーワード堺春慶足利義永足利義久意雲伊勢貞国菊池兼朝津野之高畠山満慶松浦義遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone