コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義深 はたけやまよしふか

4件 の用語解説(畠山義深の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山義深
はたけやまよしふか

[生]元弘1(1331)
[没]天授5=康暦1(1379).1.12.
南北朝時代の武将。家国の子,関東執事国清の弟。兄国清とともに鎌倉にいたが,正平 16=康安1 (1361) 年,関東公方足利基氏に追われた兄とともに伊豆に走り,修善寺などに城を構えて対抗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義深 はたけやま-よしふか

1331-1379 南北朝時代の武将。
元徳3=元弘(げんこう)元年生まれ。畠山家国の次男。関東執事だった兄国清にしたがう。国清が失脚したあと,京都で足利義詮(よしあきら)につかえ,延文5=正平(しょうへい)15年(1360)摂津西成郡(大阪府)の分郡守護となる。斯波高経(しば-たかつね)の追討にあたり,その功で越前(えちぜん)守護職をあたえられた。永和5=天授5年1月死去。49歳。名は「よしとお」ともよむ。

畠山義深 はたけやま-よしとお

はたけやま-よしふか

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山義深

没年:康暦1/天授5.1(1379)
生年:元弘1(1331)
南北朝時代の武将。父は家国。観応2/正平6(1351)年,足利直義主導下の室町幕府従五位下尾張守に任ぜられる。のち(足利)尊氏派に転じて関東に下るが,文和4/正平10年に南朝軍が京都に侵入すると,足利基氏の命で武蔵の平一揆,白旗一揆を率いて上洛,戦功をあげた。延文4/正平14年にも関東の軍勢を率いて南朝軍と河内に戦い,翌年足利義詮より摂津西成郡守護に任ぜられる。康安1/正平16年,兄国清が伊豆に立てこもると行動を共にするが,出家して助けられ,やがて西成郡守護に復した。国清亡きあと,滅亡の危機に瀕した畠山家の嫡流として復活,のちの繁栄の礎となった。尾張守が歴代畠山家督者の任官となるのは義深以降のことである。<参考文献>小川信『足利一門守護発展史の研究』

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山義深の関連キーワード高師冬安宅頼藤石塔頼房高師夏三戸師親伊達景宗淡輪助重和田助朝禰寝清種留守家任

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone