コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一名/市名/都名 イチナ

デジタル大辞泉の解説

いち‐な【一名/市名/都名】

琵琶法師などがつけた名。名前の最後に一・市・都などの字がつく。特に、鎌倉末期の如一(にょいち)を祖とする平曲流派は一名をつけるので、一方(いちかた)流と呼ばれた。のち、広く一般の盲人も用いた。

いち‐めい【一名】

ひとり。「欠席一名
本名(ほんみょう)以外の名。別名(べつめい)。異名(いみょう)。いちみょう。「利根川は一名坂東太郎と呼ばれる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちな【一名】

琵琶びわ法師がつける「…一」という名。如一を祖とする流派は代々、「覚一」「定一」などという名をつけた。これを一方いちかた流と呼ぶ。後世は一般の盲人もつけるようになり、「市」「都」の字も用いられた。

いちめい【一名】

[0][2] もう一つの名。またの名。別名。異名。 「大山だいせんは-伯耆富士ほうきふじとよばれる」
[2] ひとり。 「代表を-派遣する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一名/市名/都名の関連キーワード旅程管理主任者(ツアーコンダクター)と旅行業務取扱主任者アカバギンナンソウ(赤葉銀杏草)カヅノゴケ(鹿角苔)中川検校(7代)ミクストダブルス中川検校(5代)中川検校(3代)キョウナ(京菜)ギョウジャノミズ中川検校(4代)検察官適格審査会中川検校(6代)キヅタ(木蔦)ステッピング青銅の基督盤司盤三郎左近衛中将宗門改役公設秘書佐太神社

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android