コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一名/市名/都名 イチナ

デジタル大辞泉の解説

いち‐な【一名/市名/都名】

琵琶法師などがつけた名。名前の最後に一・市・都などの字がつく。特に、鎌倉末期の如一(にょいち)を祖とする平曲流派は一名をつけるので、一方(いちかた)流と呼ばれた。のち、広く一般の盲人も用いた。

いち‐めい【一名】

ひとり。「欠席一名
本名(ほんみょう)以外の名。別名(べつめい)。異名(いみょう)。いちみょう。「利根川は一名坂東太郎と呼ばれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちな【一名】

琵琶びわ法師がつける「…一」という名。如一を祖とする流派は代々、「覚一」「定一」などという名をつけた。これを一方いちかた流と呼ぶ。後世は一般の盲人もつけるようになり、「市」「都」の字も用いられた。

いちめい【一名】

[0][2] もう一つの名。またの名。別名。異名。 「大山だいせんは-伯耆富士ほうきふじとよばれる」
[2] ひとり。 「代表を-派遣する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一名/市名/都名の関連キーワード旅程管理主任者(ツアーコンダクター)と旅行業務取扱主任者アカバギンナンソウ(赤葉銀杏草)カヅノゴケ(鹿角苔)中川検校(6代)検察官適格審査会ミクストダブルス中川検校(7代)中川検校(5代)キョウナ(京菜)ギョウジャノミズキヅタ(木蔦)ステッピング青銅の基督左近衛中将長岡勾当アイガモパッシブ勇施菩薩宗門改役琵琶法師