コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異版/異板 イハン

デジタル大辞泉の解説

い‐はん【異版/異板】

同一内容のものが別の版で印刷されていて、部分的に字句相違のある出版物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

異版

ある版の本文(句読点などを含む)と同一のものが別の出版社や印刷所から新たな版で出されたり,同一出版社から別の作製手段で新たに出されたりした場合,既出の版に対して新しい版を異版という.版という概念は,印刷機の発明により,同じ印刷物ができるようになった結果生まれた.版が異なれば異なった版になることは確かであるが,異版は,同一作品という条件のもとで異同を決める用語である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

異版/異板の関連キーワードラプソディー・イン・ブルー無著者名古典無著者名著作算法統宗蘭学階梯女大学大きさ恨の介粋の懐複本

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android