畳の上の水練(読み)たたみのうえのすいれん

ことわざを知る辞典「畳の上の水練」の解説

畳の上の水練

の上でいくら水泳の練習をしても、実際に水の中で泳げるようにはならない。理論はもっともらしくても、実地の経験を積んでいないので、まるで役に立たないことのたとえ。

[使用例] 心の中に、己はまた畳の上の水練をしたなと思って、微笑を唇の上に浮かべた[森鷗外*灰燼|1911~12]

[解説] 「水練」は、水泳(術)とほぼ同義ですが、明治初期までは武術の色合いが濃く、流派ごとに伝承されていました。

[類句] 畳水練/畠水練

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「畳の上の水練」の解説

たたみ【畳】 の 上(うえ)の水練(すいれん)

理論や方法だけはいくら立派でも、実地の練習を経ていないので、実際の役には立たないこと。畳水練。畠水練。机上の空論。畳の上の陣立て。
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「畳(タタミ)の水練(スイレン)木屑の火ほども用立たず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android