コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎水(疏水) そすい

1件 の用語解説(疎水(疏水)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そすい【疎水(疏水)】

湖沼や河川を水源として灌漑,給水,舟運,発電のために,あるいは排水のために,新たに土地を切り開いて通水させることおよびその人工水路をいう。水路は地形によって開溝あるいはトンネルにされる。疎水の例は日本の各地で見られるが,芦ノ湖から取水し静岡県側を灌漑する箱根用水などのように,用水という名称がつけられているものが多い。代表的な疎水としては,猪苗代湖から取水し郡山地方を灌漑する安積(あさか)疎水琵琶湖から取水し京都の総合開発(灌漑,給水,発電,舟運)を目的とした琵琶湖疎水がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

疎水(疏水)の関連キーワード新河岸川ダム治水二級河川給水タンク給水塔公水舟運水源地釧路湿原の再生構想

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone