コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎水(疏水) そすい

1件 の用語解説(疎水(疏水)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そすい【疎水(疏水)】

湖沼や河川を水源として灌漑,給水,舟運,発電のために,あるいは排水のために,新たに土地を切り開いて通水させることおよびその人工水路をいう。水路は地形によって開溝あるいはトンネルにされる。疎水の例は日本の各地で見られるが,芦ノ湖から取水し静岡県側を灌漑する箱根用水などのように,用水という名称がつけられているものが多い。代表的な疎水としては,猪苗代湖から取水し郡山地方を灌漑する安積(あさか)疎水琵琶湖から取水し京都の総合開発(灌漑,給水,発電,舟運)を目的とした琵琶湖疎水がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone