琵琶湖疎(疏)水(読み)びわこそすい

百科事典マイペディア「琵琶湖疎(疏)水」の解説

琵琶湖疎(疏)水【びわこそすい】

滋賀県大津市から京都市に通じる疎水運河。第1疎水は大津市浜大津で琵琶湖の水を取り入れ長等(ながら)山トンネルを通り山科,蹴上(けあげ),伏見を経て宇治川に至るもので1890年完成。第2疎水は第1疎水の北側に並行して大津から蹴上まで全区間トンネルで作られ1912年完成した。京都市の上水道・発電・灌漑(かんがい)用水などに使われたほか,大津〜京都間の舟運にも利用され,蹴上のインクラインは有名であったが,現在はまったく使用されていない。
→関連項目賀茂川近代化産業遺産水力発電疎(疏)水

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android