コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖疎(疏)水 びわこそすい

百科事典マイペディアの解説

琵琶湖疎(疏)水【びわこそすい】

滋賀県大津市から京都市に通じる疎水運河。第1疎水は大津市浜大津で琵琶湖の水を取り入れ長等(ながら)山トンネルを通り山科,蹴上(けあげ),伏見を経て宇治川に至るもので1890年完成。
→関連項目賀茂川近代化産業遺産水力発電疎(疏)水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android