コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴兀大慧 ちこつ だいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

痴兀大慧 ちこつ-だいえ

1229-1312 鎌倉時代の僧。
寛喜(かんぎ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。平清盛の子孫といわれる。比叡(ひえい)山でまなび,密教に精通。京都東福寺の円爾(えんに)の禅に反発したが,逆に論破されて弟子となる。郷里の伊勢(いせ)(三重県)に安養寺,大福寺をひらいた。のち東福寺住持。正和(しょうわ)元年11月22日死去。84歳。通称は平等房。諡号(しごう)は仏通禅師。著作に「十牛訣」「枯木集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

痴兀大慧の関連キーワード鎌倉時代寛喜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android