コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌ウイルス がんウイルスTumor virus

4件 の用語解説(癌ウイルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌ウイルス
がんウイルス
Tumor virus

腫瘍ウイルスともいう。動物にを発生させるウイルスの総称。大別してデオキシリボ核酸 DNA遺伝子とする DNA型癌ウイルスリボ核酸 RNAを遺伝子とする RNA型癌ウイルスとがある。ヒトの DNA型癌ウイルスとしてはバーキットリンパ腫 (アフリカの小児) ,鼻咽頭癌 (中国南部) の原因となるエプスタイン・バー EBウイルスがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

癌ウイルス【がんウイルス】

動物に癌をつくるウイルス発癌ウイルスや腫瘍(しゅよう)ウイルスとも呼ばれる。たとえばポリオーマウイルスマウスハムスターに,SV40ウイルスはハムスターに,パピローマウイルスウサギに,アデノウイルス12型はハムスターに癌をつくる。
→関連項目人工癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone