コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発哺温泉 ほっぽおんせん

4件 の用語解説(発哺温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発哺温泉
ほっぽおんせん

長野県北東部,志賀高原の東館山中腹にある温泉。山ノ内温泉郷の1つで,山ノ内町に属する。泉質は単純硫黄泉,単純温泉。泉温 90℃。湯量は豊富。標高 1600mの高地にあり,周辺は高山植物が豊富で,紅葉も美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほっぽ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【発哺温泉】

長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。志賀高原北部に位置する。泉質は単純温泉硫黄泉など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほっぽおんせん【発哺温泉】

長野県北東部、志賀高原の東館山西麓にある硫黄泉・単純泉。山内温泉郷の一。一帯はスキー場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発哺温泉
ほっぽおんせん

長野県北東部、下高井郡山ノ内町にある温泉。志賀高原の標高1550メートルにあり、横湯川の渓谷に臨む。1802年(享和2)に発見され、沓野(くつの)温泉と称したが、岩の間から噴出する蒸気のさまから現在の名に変わったという。泉質は単純温泉、硫黄(いおう)泉。志賀高原第一の展望を誇り、妙高(みょうこう)・戸隠(とがくし)から北アルプスまで一望できる。また背後の東館(ひがしだて)山(2125メートル)などにはゴンドラリフト、リフトが通じている。スキー、ハイキングの拠点。長野電鉄湯田中駅から奥志賀高原行きのバスがある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発哺温泉の関連キーワード志賀高原志賀山奥志賀高原スキー場志賀高原スキー場志賀高原ビール高天ヶ原マンモススキー場東館山スキー場長野県中野市長野県下高井郡山ノ内町安代[温泉]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone