(読み)トウ

デジタル大辞泉「登」の解説

とう【登】[漢字項目]

[音]トウ(呉)(漢) (慣) [訓]のぼる
学習漢字]3年
〈トウ〉
高い所に上がる。「登壇登頂登攀(とうはん)
ある場所に進み出る。「登院登校登場登庁登板
高い位や地位につく。「登用登竜門
書面や帳簿にのせる。「登記登載登録
〈ト〉12に同じ。「登山登城
[名のり]たか・ちか・とみ・とも・なり・なる・のり・み・みのる
[難読]能登(のと)

と【登/頭】[漢字項目]

〈登〉⇒とう
〉⇒とう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「登」の解説

み‐のぼ・る【登】

〘自ラ四〙 穀物などが実を結ぶ。みのる。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「稲を損ひ、登(ミノボル)こと無く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android