コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井雨山 しらい うざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井雨山 しらい-うざん

1864-1928 明治-大正時代の彫刻家。
元治(げんじ)元年3月1日生まれ。明治31年母校東京美術学校(現東京芸大)の助教授となり,彫塑(ちょうそ)科を新設してその発展につとめる。37年教授。文人画にもすぐれた。昭和3年3月23日死去。65歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は保次郎。別号に真城,晩翠軒など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の白井雨山の言及

【明治・大正時代美術】より

… 一方,明治美術会には長沼守敬,菊地鋳太郎(1859‐1944),大熊氏広が参加して彫塑部が置かれ,99年には岡倉らの去った東京美術学校に洋風彫塑の課程が置かれた。美術学校彫塑科の初代教授に長沼,まもなくそのあとを藤田文蔵が継ぎ,白井雨山(1864‐1928),渡辺長男(1876‐1952),武石弘三郎(1878‐1963),高村光太郎らが育つ。彼らは青年彫塑会(1897結成)に拠り,木彫家をもまじえて技術上の交流をはかった。…

※「白井雨山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白井雨山の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ