コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川義員 しらかわ よしかず

2件 の用語解説(白川義員の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川義員 しらかわ-よしかず

1935- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和10年1月28日生まれ。ニッポン放送,フジテレビ勤務をへて,昭和37年フリー。世界各地に取材して大作にとりくみ,47年「ヒマラヤ」で芸術選奨,毎日芸術賞。56年全米写真家協会最高写真家賞。63年菊池寛賞。平成7年日本芸術大賞。愛媛県出身。日大卒。写真集はほかに「聖書の世界」「仏教伝来」「南極大陸」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白川義員
しらかわよしかず
(1935― )

写真家。愛媛県宇摩郡金生(きんせい)村(現四国中央市)に生まれる。1957年(昭和32)日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ニッポン放送に入社、文芸部プロデューサーとして勤務。59年フジテレビに移籍。62年同社を一時休職し、中日新聞社の特派員として8か月間世界一周の写真取材を行う。同年12月退社し、フリーランスの写真家として活動を始める。以後精力的に世界中を取材し、写真集『ヒマラヤ』(1971)により毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞する。その後、地球がもつ美や神秘、荘厳さを追い求めた、「地球再発見による人間性の回復へ」と題するシリーズを展開。また、全米の41地域を取材した「アメリカ大陸」、聖書に登場する重要な場所251か所を取材した「新約聖書の世界」「旧約聖書の世界」、足かけ4年に及び取材した「中国大陸」、83日間を要して南極大陸を一周し取材した「南極大陸」などのテーマ、シリーズに取り組む。
 79年から80年にかけての三部作「聖書の世界」(「新約聖書の世界」「旧約聖書の世界」「キリストの生涯」)により81年全米写真家協会最高写真家賞を日本人として初めて受賞する。88年菊池寛賞受賞。93年(平成5)南極大陸一周に成功し、そこで撮影した作品をまとめ『南極大陸』(1994)として出版。同作品で翌95年日本芸術大賞受賞。
 97年以降は世界の山岳関係者が選定した「世界百名山」プロジェクトに着手。2001~02年、世界の名峰127座をカメラに収め、『世界百名山』を刊行。
 99年紫綬褒章を受章。2000年東京・新宿高島屋を皮切りに「白川義員写真展 世界百名山」が全国を巡回。2001年国際連合郵政局発行の記念切手に、日本人としては初めて『世界百名山』の写真が選ばれた。開催した展覧会は100を超える。[関次和子]
『『アルプス』(1969・講談社) ▽『アメリカ大陸』(1975・講談社) ▽『白川義員山岳写真全集』全6巻(1982~83・小学館) ▽『中国大陸』上下(1984・小学館) ▽『神々の原風景』(1985・学習研究社) ▽『仏教伝来』全3巻(1986~87・学習研究社) ▽『南極大陸』上下(1994・小学館) ▽『白川義員作品集 世界百名山』全3巻(2001~02・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白川義員の関連キーワード中平卓馬熊切圭介須田一政田原桂一丹野章冨成忠夫早崎治樋口健二松本徳彦山崎博

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白川義員の関連情報