コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白斑病 ハクハンビョウ

3件 の用語解説(白斑病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はくはん‐びょう〔‐ビヤウ〕【白斑病】

植物の葉に白や灰白色の斑点を生じる病害。カビの一種の寄生によって生じ、白斑部がしだいに大きくなって枯れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくはんびょう【白斑病】

植物の病害の一。葉に淡褐色の斑点を生じ、次第に拡大して枯死する。ハクサイ・ダイコン・ユリなどに発生する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白斑病
はくはんびょう

植物の葉に白色から灰白色の斑点を生ずる病気。もっとも代表的なものに、カビの一種であるセルコスポレラ・ブラシケーCercosporella brassicaeの寄生によっておこるハクサイ白斑病がある。10月末から11月にかけて、葉に直径1センチメートル程度の円形または葉脈に限られた多角形の病斑ができる。病斑の周りは淡褐色から灰褐色を帯びることがある。発生が多いと病斑は互いに融合し、葉は火であぶったようになって枯れる。このほか、ユリ、トウガラシホップツバキツツジ、チャ、クローバー類などにも発生するが、病原菌の種類はそれぞれ異なる。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白斑病の関連キーワード赤星病斑葉褐斑病黒星病綬鶏葉枯れ病斑点病(オーチャードグラス)ひょう紋病(オーチャードグラス)ひょう紋病(チモシー)黒斑病(レッドトップ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白斑病の関連情報