コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白新線 はくしんせん

4件 の用語解説(白新線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白新線
はくしんせん

信越本線の新潟と羽越本線新発田を結んで日本海側を走る鉄道。 JR東日本。全長 27.3km。 1952年一部開通,58年全通。 72年電化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はくしん‐せん【白新線】

新潟新発田(しばた)を結ぶJR線。新潟を通って日本海側を縦貫する短絡線として昭和27~33年(1952~1958)開業。最初は白山(はくさん)と新発田を結ぶ計画であった。全長27.3キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白新線【はくしんせん】

新潟県新発田(しばた)〜新潟間のJR線。営業キロ27.3km。1956年全通したが1958年新潟駅の移転に伴い一部路線を変更。関西地方と秋田・青森方面を直結する日本海縦貫列車が新津〜新潟〜新発田経由で通じる。
→関連項目北[区]東[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白新線
はくしんせん

東日本旅客鉄道の線路名称。新潟県、新発田(しばた)―新潟間27.3キロメートル。うち新崎(にいざき)―新潟間9.6キロメートルが複線(2011)、全線直流電化。信越本線と羽越本線との間に直通する列車を新潟駅経由にできるようにするためつくられた線で、実質的には日本海岸縦貫鉄道の一環をなす幹線鉄道。1952~1962年(昭和27~37)開業。線名はかつての越後(えちご)線の終点白山(はくさん)(新潟市内)と新発田を結ぶ意味で両駅の頭文字をとったものだが、その後白山―新潟間は越後線の一部となっている。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白新線の関連情報