コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白海・バルト海運河 はっかいバルトかいうんが Belomorsko‐Baltiiskii Kanal

1件 の用語解説(白海・バルト海運河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はっかいバルトかいうんが【白海・バルト海運河 Belomorsko‐Baltiiskii Kanal】

ロシア連邦北西部にある運河。白海側のベロモルスク市から河川,湖を通り,人工の掘割り(37kmを掘削)からオネガ湖北端のポベネツ市に至る。長さ227km。19の閘門その他をそなえており,サンクト・ペテルブルグ~ベロモルスク間は外洋をまわるのに比較して4000km短縮したことになる。木材,建設資材などを白海へ運び,北方の開発に貢献している。1933年に完成し,スターリン記念白海・バルト海運河と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白海・バルト海運河の関連キーワードオネガ湖ネバ川白海ボルガ川ボルガАрхангельскКирилловキリロベロゼルスキー修道院Соловки夏の宮殿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone