コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白海・バルト海運河 はっかいバルトかいうんがBelomorsko‐Baltiiskii Kanal

1件 の用語解説(白海・バルト海運河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はっかいバルトかいうんが【白海・バルト海運河 Belomorsko‐Baltiiskii Kanal】

ロシア連邦北西部にある運河。白海側のベロモルスク市から河川,湖を通り,人工の掘割り(37kmを掘削)からオネガ湖北端のポベネツ市に至る。長さ227km。19の閘門その他をそなえており,サンクト・ペテルブルグ~ベロモルスク間は外洋をまわるのに比較して4000km短縮したことになる。木材,建設資材などを白海へ運び,北方の開発に貢献している。1933年に完成し,スターリン記念白海・バルト海運河と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone