コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白玉楼 ハクギョクロウ

大辞林 第三版の解説

はくぎょくろう【白玉楼】

〔「書言故事祭奠類」 「唐詩紀事李賀」などにある、唐の詩人李賀が死ぬ時に天帝の使いが来て、天帝が白玉楼を完成し、李賀を召してその由来を書かせることになったと告げたという故事による〕
文人が死後に行くという楼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白玉楼の関連キーワード李賀成る