コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白虎通義 ビャッコツウギ

3件 の用語解説(白虎通義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びゃっこつうぎ〔ビヤクコツウギ〕【白虎通義】

中国、後漢の儒学書。4巻。班固撰。後漢の章帝が宮中の白虎観に諸学者を集め、五経の解釈の異同を討議させた結果を記録編集したもの。白虎通。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びゃっこつうぎ【白虎通義】

〔後漢の章帝が宮中の白虎観に諸儒を集めて討論させたことから〕
中国、漢代の注釈書。四巻。班固が討論の結果を整理して作った。五経にみえる爵・号・諡おくりな・五祀ごしなどについて古義を解説したもの。白虎通。白虎通徳論。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白虎通義
びゃっこつうぎ

中国、後漢(ごかん)の班固(はんこ)の著作。儒教の学説の異同を調整し、古義を解説した書。四巻。後漢の章帝のとき(79)詔を受けて多くの学者や大官が白虎観に集まって五経の解釈の違いを討論し、統一見解をつくった。その論議の記録が本書である。討論集会がもたれるに至った直接のきっかけは、当時、博士官の学であった今文(きんぶん)経学(中心文献は『公羊伝(くようでん)』と『礼記(らいき)』)に対して、民間の学であった古文経学(中心文献は『左氏伝』と『周礼(しゅらい)』)がはなはだしく進出したためとみられる。論議の特色は、今文経学を主としながら古文経学をも取り入れ、礼を中心に据えて讖緯(しんい)説を利用し、経書解釈の国家主義化を明確にしたことにある。[日原利国]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone