白虎通義(読み)ビャッコツウギ

大辞林 第三版の解説

びゃっこつうぎ【白虎通義】

〔後漢の章帝が宮中の白虎観に諸儒を集めて討論させたことから〕
中国、漢代の注釈書。四巻。班固が討論の結果を整理して作った。五経にみえる爵・号・諡おくりな・五祀ごしなどについて古義を解説したもの。白虎通。白虎通徳論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白虎通義
びゃっこつうぎ

中国、後漢(ごかん)の班固(はんこ)の著作。儒教の学説の異同を調整し、古義を解説した書。四巻。後漢の章帝のとき(79)詔を受けて多くの学者や大官が白虎観に集まって五経の解釈の違いを討論し、統一見解をつくった。その論議の記録が本書である。討論集会がもたれるに至った直接のきっかけは、当時、博士官の学であった今文(きんぶん)経学(中心文献は『公羊伝(くようでん)』と『礼記(らいき)』)に対して、民間の学であった古文経学(中心文献は『左氏伝』と『周礼(しゅらい)』)がはなはだしく進出したためとみられる。論議の特色は、今文経学を主としながら古文経学をも取り入れ、礼を中心に据えて讖緯(しんい)説を利用し、経書解釈の国家主義化を明確にしたことにある。[日原利国]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

びゃっこつうぎ ビャクコ‥【白虎通義】

中国、後漢の班固撰書。四巻。後漢の章帝の建初四年(七九)に学者を北宮の白虎観に集め、経書の文字や解釈の異同について論議させ、まとめた「白虎通徳論」を、班固に整理させたもの。古義や旧聞を爵・号・喪服等の四四項にわける。「白虎通」とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android