白蠟病(読み)はくろうびょう

世界大百科事典 第2版の解説

はくろうびょう【白蠟病】

削岩機,鋲打ち機,チッピングハンマー,グラインダーチェーンソーなどの手持ち動力工具を使用する際,工具の振動が手や腕に伝播して発生する職業病。トラクター,ブルドーザー,悪路を走行するオートバイなどのハンドルの振動によるものもある。最初の記載は,イタリアのロリガG.Loriga(1911)が削岩機を使う石材切出し労働者についていったものである。 特徴的な症状は,工具の使用開始後,数年して現れ,手・腕のしびれ,痛み,手の冷えが目立つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の白蠟病の言及

【振動障害】より

…物理的作用からの胃下垂,腎下垂や脊柱の変形異常なども頻度が高くなる。局所振動による障害としては,白蠟(はくろう)病の名で昭和40年代初めころから社会的にも関心がもたれるようになった職業性レイノー現象がある。振動障害によるレイノー現象は,必ずしも手指の末梢血管の機能障害だけにとどまらず,中枢神経系の機能障害にもとづく頭重感,頭痛,めまい,睡眠障害や,ひじ,頸椎,腰椎などの骨関節系の障害も伴う全身性の障害であり,振動病vibration diseaseという名称を適切とする意見が多い。…

※「白蠟病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android