コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥鴻彰 しらとり こうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鳥鴻彰 しらとり-こうしょう

1864-1915 明治-大正時代の政治家。
元治(げんじ)元年3月25日生まれ。明治36年青森県会議員。国有林に編入された旧民有林の返還をもとめる裁判訴訟代理人をつとめ,41年勝訴。山林組合を創設し,共同経営をおこなった。大正4年4月11日死去。52歳。陸奥(むつ)津軽郡(青森県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白鳥鴻彰の関連キーワード大正時代政治家元治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android