白麻(読み)はくま

精選版 日本国語大辞典「白麻」の解説

はく‐ま【白麻】

〘名〙
① 白いの布。
※本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉「白麻楚楚。疑夜雪之盈一レ床」
② 唐代、天子の詔書を記した、染めてない白色の麻紙。赦書・徳音・立后・建儲・大誅討・将相の任免などに用いた。転じて、詔勅
※制度通(1724)四「玄宗の世に翰林学士を置て専ら内命を掌らしむ。白紙にこれを書すによりて、是を白麻と云」 〔白居易‐新楽府・長相思〕
③ 紙の異称。はくば。
※名語記(1275)四「魚網・白麻などいへる かみ如何 かみは紙也」

しろ‐あさ【白麻】

〘名〙 白い麻。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「白麻(シロアサ)の襟かけさせて」

はく‐ば【白麻】

〘名〙 紙の異称。はくま。
※色葉字類抄(1177‐81)「白麻 ハクバ 紙名」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android