百日咳菌(読み)ひゃくにちぜききん(英語表記)Bordetella pertussis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「百日咳菌」の解説

百日咳菌
ひゃくにちぜききん
Bordetella pertussis

グラム陰性の小桿で,百日咳病原体鞭毛を欠き,芽胞をつくらない。なかには莢膜を形成するものもある。厳性好気性であるが,栄養要求がかなりきびしいので,普通の培地では発育しにくく,血液血清などの添加を必要とする。ヒトだけに寄生し,呼吸器の粘膜内か粘膜上で発育し,菌からは粘性物質が分泌されるので,特有な咳発作を起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の百日咳菌の言及

【百日咳】より

…百日咳菌によって起こる急性の呼吸器伝染病で,届出伝染病の一つ。一度かかると終生免疫をうるといわれる。…

※「百日咳菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android