百舌鳥野(読み)もずの

百科事典マイペディアの解説

百舌鳥野【もずの】

大阪府堺市の北部中央,三国ヶ丘(みくにがおか)台地と称される辺りを称し,現在一帯百舌鳥を冠した町名が残る。《日本書紀》仁徳43年9月条に〈百舌鳥野〉とみえ,依網屯倉(よさみのみやけ)阿弭古(あびこ)の献じた鷹を百済(くだら)からの渡来人である酒君(さけのきみ)が訓練し,当地で遊猟して多くのを得たとある。また同67年10月条には,造陵中の役民(えきみん)のなかへ鹿が走込んで死んだが,その鹿の耳から百舌鳥が飛去ったことから,その地を百舌鳥耳原(もずのみみはら)と称したとある。さらに同87年10月条には仁徳天皇を〈百舌鳥野陵〉に,履中6年10月条に履中天皇を〈百舌鳥耳原陵〉に,允恭5年11月条には反正天皇を〈百舌鳥耳原陵〉に葬った記事がある。なお《古事記》ではこれらの陵墓の所在を記すときに〈毛受(もず)〉の字を用いている。百舌鳥野一帯は河内(かわち)の古市(ふるいち)と並んで,5世紀代に巨大古墳が集中的に造営された地域である。これらの大古墳の造営にかかわった氏族土師氏で,この地の土師氏(毛受腹)はのち大枝氏を賜姓された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android