コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百色 ひゃくしょく

2件 の用語解説(百色の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

百色【ひゃくしょく】

中国,広西チワン族自治区西部の都市。珠江上流の右江左岸に位置し,同自治区と雲南省東部の物産を集散する。右江沿いに自動車道路が通じるが,おもな交通は右江の水運による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百色
ひゃくしょく / パイソー

中国、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区西部の市。百色地区の行政の中心地である。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の右江(うこう)上流域に位置する。人口32万4821(2000)。百色とはチワン語で「衣類をたたいて洗う土地」の意である。清(しん)代から開けた都市で、1983年市制が施行された。右江水運および雲南省、貴州省への道路交通の要地となり、かつては貴州省のアヘンの集散地であった。現在はウランの埋蔵地として知られ、電機、化学肥料、製紙などの工業が立地する。第二次国内革命戦争当時の革命運動の根拠地の一つで、小平(とうしょうへい)の指導を受けて活動した歴史があり、いまも革命史跡が多い。南寧(なんねい/ナンニン)と昆明(こんめい/クンミン)を結ぶ南昆鉄道が通じる。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百色の関連キーワード珠江桂林南寧柳州彝族広西チワン族広西チワン族自治区荆州

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百色の関連情報