皆生温泉(読み)かいけおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皆生温泉
かいけおんせん

鳥取県北西部,米子市北部の弓ヶ浜東端に湧出する海浜温泉美保湾にのぞむ。発見は古いが,1921年から温泉町として開発され,現在は県下有数の温泉地に発展。単純泉食塩泉で,泉温は 86~90℃。胃腸病,婦人病,神経痛に効能。一帯はマツ林の続く風光明美な海岸だが,海食が進行し,護岸堤を建設。大山隠岐国立公園の観光基地として利用者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいけおんせん【皆生温泉】

鳥取県米子よなご市北部の海岸にある温泉。食塩泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕皆生温泉(かいけおんせん)


鳥取県米子(よなご)市、弓ヶ浜(ゆみがはま)半島基部にわく行楽向きの温泉。三朝(みささ)温泉(鳥取県)・玉造(たまつくり)温泉(島根県)とともに山陰地方を代表する大温泉。白砂青松の砂丘海岸で、海の彼方に島根半島先端の地蔵(じぞう)崎、背後に大山(だいせん)を望む景勝の地。海水浴場・海浜公園がある。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。泉温85.7℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皆生温泉
かいけおんせん

鳥取県西部、米子(よなご)市の弓ヶ浜に臨む温泉。皆生は旧名を海池(かいけ)と書き、江戸初期に嗣子(しし)がなく断絶した松江藩堀尾氏の没落家臣団が開拓した地という。明治の初めに漁民が海底から泡が湧(わ)くのを発見、のち陸化で1899年(明治32)泉源を確認、大正中期に温泉地化した。泉源約20、泉質は塩化物泉。設備のよい旅館が多く、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の観光基地の一つ。山陰本線米子駅からバス便がある。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皆生温泉の関連情報