コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美保湾 みほわん

4件 の用語解説(美保湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美保湾
みほわん

鳥取県西部,島根半島東端の地蔵埼と大山 (だいせん) 町を流れる阿弥陀河口とを結ぶ線の南西の湾。水深 30m以下の比較的浅い湾で,海底は大部分が砂質で単調。島根半島に接する境港市では,境外港と工業用地のための埋立てが行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みほ‐わん【美保湾】

鳥取県・島根県の両県にまたがる湾。東岸の阿弥陀(あみだ)川から、西岸の島根半島先端にある地蔵崎を結んだ線の内側。海岸には砂州の弓ヶ浜が広がり、北西部の境(さかい)水道で中海(なかうみ)宍道(しんじ)湖に連なる。境港(さかいみなと)市の境港は、島根半島によって北西季節風がさえぎられ、古くから良港として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕美保湾(みほわん)


鳥取県西部・島根県北東部にある湾。島根半島東端の地蔵埼(じぞうざき)と大山(だいせん)北方の御来屋(みくりや)崎を結ぶ線が湾口。湾内に右回りの海流があり、日野(ひの)川の排出土砂が運ばれて弓ヶ浜(ゆみがはま)が形成された。境(さかい)港は中海(なかうみ)新産業都市区域を控えた重要港湾で、イワシ・アジなど屈指の水揚げを誇る。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美保湾
みほわん

鳥取・島根両県にまたがる日本海の海湾で、東の阿弥陀(あみだ)川河口と西の島根半島地蔵崎(じぞうさき)を結ぶ線から南西の海域。北部は境(さかい)水道によって中海(なかうみ)や宍道(しんじ)湖に通じている。深度30メートル以浅、平均水温20~22℃。和田礁(わだぐり)、しげ礁などの岩礁がある。日野川流砂量の減少や浅海砂による弓ヶ浜北部の用地造成などにより、海岸侵食が進行している。船引網、刺網、地引網などの漁業が行われる。境港(さかいこう)は外海とは島根半島で遮られた古来の良港で、水揚げ量は日本海区では首位。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美保湾の関連情報