コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益富又左衛門(初代) ますとみ またざえもん

2件 の用語解説(益富又左衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益富又左衛門(初代) ますとみ-またざえもん

?-? 江戸時代中期の捕鯨家。
生家は肥前平戸(長崎県)の畳屋。享保(きょうほう)10年(1725)生月(いきつき)島で鯨突(くじらつき)組をおこす。のち網取法へと漁法をかえ,一時は従業員3000人,船舶300艘(そう)をかぞえた。多額な献金などで士分となり,益富の姓をあたえられた。本姓は山県。名は正勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

益富又左衛門(初代)

生年:生没年不詳
江戸中期,肥前生月島(長崎県)の捕鯨家。本姓山県,名は正勝。平戸鏡山に住して畳を商い,畳屋を屋号とした。地元の酒造業者田中長太夫と鮪網共同経営を始め,享保10(1725)年秋,合資で生月島館浦の鯨突組を興業。田中はまもなく撤退,以後単独で壱岐,五島,大村などへ事業を拡張し,同18年には突取法から網絡法へ漁法を転換させた。各地に一家のものを配置し,一時は総捕獲数年間200頭,従事者4000人におよんだという。藩への15万2000両余もの多額の献金や海岸埋め立て,防波堤の築立,各地の新田開発にも尽力,この功績によって益富の姓を下賜,藩士(175石)に列せられた。4代又左衛門(正真,山県二之助)は蝦夷地開発をめざす江戸幕府の命で,寛政12(1800)年択捉島捕鯨の可能性を調査した。『勇魚取絵詞』(1829跋)は5代又左衛門正弘のころの,御崎浦での捕鯨事業を図説したものである。<参考文献>大林雅也『大日本産業事蹟』,服部一馬「幕末期蝦夷地における捕鯨業の企画について」(『横浜大学論叢』5巻2号)

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

益富又左衛門(初代)の関連キーワード捕鯨船生月島生月鯨太左衛門江口甚右衛門多田五郎右衛門トマス=キウニ深沢勝清深沢勝幸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone