益救(やく)神社

デジタル大辞泉プラスの解説

益救(やく)神社

鹿児島県熊毛郡屋久島町、屋久島の北東部にある神社。創祀は不明。祭神は天津日高彦火々出見命(あまつひこひこほほでみのみこと)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐じんじゃ【益救神社】

鹿児島県熊毛郡上屋久町にある神社。旧県社。祭神は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)、大山祇神(おおやまつみのかみ)ほか五柱。屋久島・種子島の鎮守。御嶽宮。権現さん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android