(読み)さん

精選版 日本国語大辞典「盞」の解説

さん【盞】

[1] 〘名〙
① 小さな杯。さかずき。
※懐風藻(751)三月三日曲水宴〈山田三方〉「不流水急、唯恨盞遅来」 〔劉言史‐王中丞宅夜観舞胡騰詩〕
天目茶碗のこと。
※南方録(17C後)書院「盆に聞香炉一具、食籠、銅瓶、盞、盞台」
[2] 〘接尾〙 杯などの容器で量を数えるのに用いる。また、さかずきに酒をつぐ度数を数えるのに用いる。
参天台五台山記(1072‐73)七「文慧大師送茶四盞

うき【盞】

〘名〙 「さかずき(杯)」の古語。うくは。
古事記(712)下・歌謡「ありきぬの 三重の子が (ささ)がせる 美豆多麻宇岐(みづたまウキ)に 浮きしあぶら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盞」の解説

うき【×盞】

さかずき。
「ありの三重の子がささがせる瑞玉みづたま(=美シイ)―に」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【杯∥盃】より

…酒を飲むのに用いる器。形状,大きさなどによって,盞(さん),巵(し),觚(こ),爵(しやく),觴(しよう),そのほか多くの字が使われる。これらのうちには〈角〉のつく字が多く,古く獣角の杯が用いられたことが知られる(角杯リュトン)。…

※「盞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android