コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウキ

デジタル大辞泉の解説

うき【×盞】

さかずき。
「あり衣の三重の子が捧(ささ)がせる瑞玉(みづたま)(=美シイ)―に」〈・下・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うき【盞】

さかずき。 「三重の子がささがせる瑞玉みずたま-に浮きし脂/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【杯∥盃】より

…酒を飲むのに用いる器。形状,大きさなどによって,盞(さん),巵(し),觚(こ),爵(しやく),觴(しよう),そのほか多くの字が使われる。これらのうちには〈角〉のつく字が多く,古く獣角の杯が用いられたことが知られる(角杯リュトン)。…

※「盞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盞の関連情報