コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目的犯 モクテキハン

デジタル大辞泉の解説

もくてき‐はん【目的犯】

故意のほかに一定の目的成立要件または加減事由とする犯罪通貨偽造罪の成立には、偽造という行為のほかに使用するという目的を必要とするなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

目的犯【もくてきはん】

犯罪の成立に,故意のほかに目的を必要とする犯罪。内乱罪偽造罪背任罪等における〈国の統治機構を破壊し,又はその領土において国権を排除して権力を行使し,その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱する目的〉〈行使の目的〉〈自己もしくは第三者の利益の目的〉等であり,これら目的は主観的違法要素といわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

もくてきはん【目的犯】

犯罪成立の要件として、故意のほかに「統治の基本秩序を壊乱する目的」「行使の目的」など一定の目的の存在を必要とする犯罪。内乱罪・偽造罪など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目的犯の言及

【犯罪】より

…また,政治犯罪人に関しては,逃亡犯罪人として国家間の犯罪人引渡しの対象とされないのが国際的慣例となっている。 目的犯とは,犯罪が成立するために,故意のほかに一定の目的を必要とする犯罪である。たとえば,通貨偽造罪は通貨を偽造することの認識(故意)のほかに,〈行使の目的〉をもって行われることによってはじめて成立する。…

※「目的犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

目的犯の関連キーワード核テロ防止条約人身売買罪間接正犯身分犯要件

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android