目的犯(読み)もくてきはん

百科事典マイペディア「目的犯」の解説

目的犯【もくてきはん】

犯罪成立に,故意のほかに目的を必要とする犯罪。内乱罪偽造罪背任罪等における〈国の統治機構を破壊し,又はその領土において国権を排除して権力行使し,その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱する目的〉〈行使の目的〉〈自己もしくは第三者の利益の目的〉等であり,これら目的は主観的違法要素といわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「目的犯」の解説

もくてき‐はん【目的犯】

〘名〙 犯罪構成要件上、故意のほかにある特定の目的をもって行なうことを必要とする犯罪。たとえば、政府を転覆するなどの目的をもって行なうことを必要とする内乱罪、行使の目的をもって行なうことを必要とする公文書偽造罪など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の目的犯の言及

【犯罪】より

…また,政治犯罪人に関しては,逃亡犯罪人として国家間の犯罪人引渡しの対象とされないのが国際的慣例となっている。 目的犯とは,犯罪が成立するために,故意のほかに一定の目的を必要とする犯罪である。たとえば,通貨偽造罪は通貨を偽造することの認識(故意)のほかに,〈行使の目的〉をもって行われることによってはじめて成立する。…

※「目的犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android