偽造罪(読み)ぎぞうざい

日本大百科全書(ニッポニカ)「偽造罪」の解説

偽造罪
ぎぞうざい

通貨有価証券、支払用カード電磁的記録、文書印章といった経済取引で用いられる技術的手段の真正を害する罪。経済秩序に対する罪とか、公共の信用に対する罪ともよばれる。経済秩序の基幹をなす取引の安全の確保にとって、前出のような物が真正、すなわち本物であるという公共の信用は不可欠の前提である。そこで、これらの偽造罪は現行刑法上も厳しく処罰される。偽造罪として、通貨偽造の罪、文書偽造の罪、有価証券偽造の罪、支払用カード電磁的記録に関する罪、印章偽造の罪の5種がある。このうち、支払用カード電磁的記録に関する罪は、2001年(平成13)、刑法第18章の2として新たに追加されたものである。

[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「偽造罪」の解説

偽造罪
ぎぞうざい
Fälschungsdelikte

通貨,文書 (公,私文書) ,電磁的記録,有価証券,印章・署名の偽造など,法律上作成すべき権限を有しない者が,ほしいままにこれらを作成し,または偽造のものを行使することによって成立する犯罪総称。刑法 (148~168条) は,取引のための重要な技術的手段として,真正を保持しなければならないものにつき,その公共的信用性を害する行為を犯罪として処罰し,取引の安全を保護しようとしている。広義の偽造には,作成名義人でない者が名義を冒用する有形偽造 (狭義の偽造) と,名義は真正であるが内容虚偽のものを作成する無形偽造とがあり,日本では,原則として有形偽造を処罰し,無形偽造は例外的に処罰されると解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「偽造罪」の解説

偽造罪【ぎぞうざい】

通貨偽造罪文書偽造罪有価証券偽造罪印章偽造罪の総称。偽造とは権限なき者が作成名義を偽った文書等を作ることである。偽造というためには,一般人が真正な文書と誤信する程度の外観を必要とする。
→関連項目目的犯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「偽造罪」の解説

ぎぞう‐ざい〔ギザウ‐〕【偽造罪】

行使の目的で、通貨・文書・有価証券クレジットカード類・印章などを偽造する罪。それぞれ、刑法第2編第16章・17章・18章・18章の2・19章が禁じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「偽造罪」の解説

ぎぞう‐ざい ギザウ‥【偽造罪】

〘名〙 通貨偽造罪、文書偽造罪、有価証券偽造罪など偽造に関する犯罪の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android