偽造罪(読み)ぎぞうざい(英語表記)Fälschungsdelikte

  • ぎぞうざい ギザウ‥
  • ぎぞうざい〔ギザウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨,文書 (公,私文書) ,電磁的記録,有価証券印章署名偽造など,法律上作成すべき権限を有しない者が,ほしいままにこれらを作成し,または偽造のものを行使することによって成立する犯罪総称刑法 (148~168条) は,取引のための重要な技術的手段として,真正を保持しなければならないものにつき,その公共的信用性を害する行為を犯罪として処罰し,取引の安全を保護しようとしている。広義の偽造には,作成名義人でない者が名義を冒用する有形偽造 (狭義の偽造) と,名義は真正であるが内容虚偽のものを作成する無形偽造とがあり,日本では,原則として有形偽造を処罰し,無形偽造は例外的に処罰されると解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

行使の目的をもって、偽物を作成することにより成立する罪。印章・通貨・文書などの各偽造罪がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通貨、有価証券、支払用カード電磁的記録、文書、印章といった経済取引で用いられる技術的手段の真正を害する罪。経済秩序に対する罪とか、公共の信用に対する罪ともよばれる。経済秩序の基幹をなす取引の安全の確保にとって、前出のような物が真正、すなわち本物であるという公共の信用は不可欠の前提である。そこで、これらの偽造罪は現行刑法上も厳しく処罰される。偽造罪として、通貨偽造の罪、文書偽造の罪、有価証券偽造の罪、支払用カード電磁的記録に関する罪、印章偽造の罪の5種がある。このうち、支払用カード電磁的記録に関する罪は、2001年(平成13)、刑法第18章の2として新たに追加されたものである。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 通貨偽造罪、文書偽造罪、有価証券偽造罪など偽造に関する犯罪の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偽造罪の関連情報