コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直隷 ちょくれいZhi-li; Chih-hi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直隷
ちょくれい
Zhi-li; Chih-hi

直隷省ともいう。中国,明・清代の首都に直属する行政区画で,現在の河北省である。明の太祖 (→洪武帝 ) は初め南京に都し,京師に直属する地域を直隷とし,その他の地方に布政使司をおいたが,成祖 (→永楽帝 ) が北京に都すると,北平布政司を直隷とした。明では南,北直隷の2つがあったが,清は明の北直隷を受継いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐れい【直隷】

直接に隷属すること。特に、天皇または中央政府に直接に所属すること。
京師の直属地の意》中国河北省の旧称。1928年、河北省と改称。→河北

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくれい【直隷 zhí lì】

中国で地方行政官庁が普通の場合と異なり,2段上級の官庁に直轄される統属関係。元ではふつう,省・行省に路が隷し,路に府州が隷するが,府州の中には省・行省に直隷するものもある。明ではふつう,13布政司に府が隷し,府に州県が隷するが,南北両直隷では府は六部に直隷し,また全国の州で六部・布政司に直隷するものもある。清では州県のほかに庁があり,ふつうは府に隷するが,省に直隷するものもある。【谷 光隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくれい【直隷】

直接につき従うこと。
明・清代、首都に直属する行政区画。特に清代、ほぼ現在の河北省にあたる地域をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

直隷の関連キーワード馮玉祥(ふうぎょくしょう)【とう】穎超曹【こん】教育総監呉 佩孚北洋軍閥安直戦争奉直戦争軍令部馮玉祥黎元洪徐世昌江南省鄭永昌曾国藩張之洞国民軍李鴻章安徽派曹こん

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android