直隷(読み)ちょくれい(英語表記)Zhi-li; Chih-hi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「直隷」の解説

直隷
ちょくれい
Zhi-li; Chih-hi

直隷省ともいう。中国・清代の首都に直属する行政区画で,現在の河北省である。明の太祖 (→洪武帝 ) は初め京に都し,京師に直属する地域を直隷とし,その他の地方布政使司をおいたが,成祖 (→永楽帝 ) が北京に都すると,北平布政司を直隷とした。明では南,北直隷の2つがあったが,清は明の北直隷を受継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「直隷」の解説

ちょく‐れい【直隷】

〘名〙 直接に隷属すること。直接に天子または中央官庁に従属すること。〔漢語便覧(1871)〕 〔明史‐地理志・序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直隷」の解説

ちょく‐れい【直隷】

直接に隷属すること。特に、天皇または中央政府に直接に所属すること。
京師の直属地の意》中国河北省の旧称。1928年、河北省と改称。→河北

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「直隷」の解説

ちょくれい【直隷 zhí lì】

中国で地方行政官庁が普通の場合と異なり,2段上級の官庁に直轄される統属関係。元ではふつう,省・行省に路が隷し,路に府州が隷するが,府州の中には省・行省に直隷するものもある。明ではふつう,13布政司に府が隷し,府に州県が隷するが,南北両直隷では府は六部に直隷し,また全国の州で六部・布政司に直隷するものもある。清では州県のほかに庁があり,ふつうは府に隷するが,省に直隷するものもある。【谷 光隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android