コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互依存論 そうごいぞんろん

1件 の用語解説(相互依存論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互依存論
そうごいぞんろん

経済を中心とした相互依存 interdependenceをめぐる政治という面から国際社会の急速な変化をとらえようとする理論。 1970年代前半に登場した。相互依存という言葉が国際政治および国際政治史で登場したのは 10年代であるが,国際関係学術用語として頻繁に使用されはじめたのは 60年代以降である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相互依存論の関連キーワード古典学派社会連帯主義ホーベルモ相互依存インターデペンデンスオタワ会議改革開放政務三役建設経済新聞マクロ経済

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone