コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対パス そうたいぱす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相対パス

パスを使用して目的ファイルを参照するときに、現在のディレクトリを基準にして目的のファイルを指定したパスのこと。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

相対パス

現在位置から目的のファイルやフォルダの所在を示す表記法の一つ。一般的にローカル内で使用し、その内部でのみ有効である。Webサイト上で他のサイトにリンクを設定する場合は絶対パスを使用する。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

そうたいパス【相対パス】

コンピューターの記憶装置内に階層状に格納されたファイルやフォルダーの所在を表す記述方法のひとつ。操作の対象となるファイルと同じ階層または現在作業中の階層から目的とするファイルやフォルダーのある階層までの道筋を記述して所在を指定するもの。⇔絶対パス ◇記憶装置内のファイルやフォルダーは、ひとつのフォルダーの中にファイルやフォルダーがまとめられ、まとめられた各フォルダーの中にもファイルやフォルダーがまとめられ…といったように、階層が深くなるほど枝分かれする入れ子状の階層構造をなしている。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

相対パスの関連キーワードフルパスM3U

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android