コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相沢忠洋 あいざわ ただひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相沢忠洋 あいざわ-ただひろ

1926-1989 昭和時代の考古学研究家。
大正15年6月21日生まれ。行商をしながら,考古学的調査をつづけ,昭和21年群馬県赤城山麓で細石器を発見,24年それまで日本にはないと信じられていた旧石器時代遺跡(岩宿遺跡)とみとめられ,日本列島の人類歴史研究に新局面をひらいた。のち赤城人類文化研究所所長。42年吉川英治文化賞。平成元年5月22日死去。62歳。東京出身。著作に「岩宿の発見」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいざわただひろ【相沢忠洋】

1926~1989) 考古学者。東京生まれ。独学で研究を続け1949年(昭和24)群馬県の岩宿において先土器文化の遺跡を発見、縄文期以前の時代研究の端緒を開いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相沢忠洋
あいざわただひろ
(1926―1989)

考古学研究家。東京都生まれ。正徳小学校夜間部卒業。少年時代、両親の離婚など恵まれない環境にあったが、考古学に対する興味をもち続け、小間物などの行商をしながら石器の収集を続けた。1948年(昭和23)から1949年にかけて、群馬県新田郡笠懸(かさがけ)村(現みどり市)岩宿(いわじゅく)の切り通しの赤土の中から、黒曜石片を発見した。これが深い地層のローム層からの出土であったことから、1949年明治大学考古学研究室と共同で発掘調査し、岩宿遺跡が旧石器時代のものと判明、日本で最初の旧石器時代遺跡の発見者となった。1967年岩宿遺跡発見により吉川英治賞を受賞。著書に自伝の『岩宿の発見』などがある。平成元年5月22日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の相沢忠洋の言及

【岩宿遺跡】より

…第2次大戦後まもなく相沢忠洋が発見し,1949年明治大学考古学研究室が発掘調査して,洪積世にさかのぼる,縄文時代以前の先土器時代文化が日本に存在することを,最初に確認した学史的に記念すべき遺跡。遺跡は赤城山南麓の群馬県笠懸町岩宿にあって,地表下約50cm以下に堆積するローム層中に,特徴の異なる二つの石器文化層が認められた。…

【旧石器時代】より


【日本】
 日本にも旧石器時代の人間が住んでいたのではないかという問題について,1911年にN.G.マンローが,そして31年には直良信夫が具体的な資料を提示したのだが,いずれも学界からは相手にされなかった。日本に旧石器時代は存在しないという長い間の学界の通説が破られたのは,49年,群馬県岩宿の関東ローム層中に包含されている石器を相沢忠洋が発見してからであった。その後約30年の間に,北海道から九州までの日本全土から旧石器時代の遺跡が続々と発見され,現在ではすでに3000ヵ所以上に達している。…

※「相沢忠洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相沢忠洋の関連キーワード群馬県桐生市新里町奥沢笠懸(旧町名)みどり(市)先土器文化権現山遺跡相沢 忠洋昭和時代齊藤尊史端緒独学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相沢忠洋の関連情報